みーな丸の足跡 

アクセスカウンタ

zoom RSS アルベロベッロ

<<   作成日時 : 2012/05/21 00:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

次の寄港地はイタリアのバーリ。ここでは船会社のショアエクスカーションを利用してアルベロベッロへ行きました。

入港が10時だったので朝はゆっくり。バスの時間が来る前に、船首にあるヘリポートに行ってみます。

画像

強風だったので早々に切り上げましたが、広々として気持ちが良かったです。

画像

オリーブ畑なんかを抜けながら、バスは目的地へ到着。カメラのレンズを何かでふさいでしまったんでは?と思うような厚い雲がありました。

画像

画像

アルベロベッロは日本人の間では有名だから、結構行ったことある人も多いかと思います。このクルーズにも日本からツアーで来た人たちがかなり乗っていましたが、ほとんどのツアーにここの観光が含まれていたようです。

画像

画像

すごい人出だったので、撮りたい写真をうまくとれなくて残念でした。どうやって撮ってもたくさんの人が入ってしまって、来る前に思い描いていたメルヘンチックな感じがまったくありません。(ここに泊まって、ほとんど人のいない朝に散歩できたらいいのに〜)

画像

こちらは教会。
すぐに取り壊せる屋根を作ることで税金対策をしていたそうですが、教会にも税金はかかったのでしょうか。大きい建物だと屋根を崩すのも大変そう。

画像

町には坂がたくさんあったので、歩き疲れてちょっと休憩。入ったカフェの裏庭の写真です。

画像

2つしかないテーブルが埋まっていたので、飲み物を持って屋上へ上がりました。
サテライトのディッシュが見えます。世界遺産とはいえ、やはり人が住んでいる町。

画像

となりのカフェが見えます。

画像

修復中のお家もいくつかありました。

画像

下の席に座れなかったせいで、アルベロベッロの町並みや屋根を高い位置から見下ろせたのはちょっとラッキーでした。

この日の夜は予約しておいたスペシャリティレストラン「ポルトフィーノ」でディナー。船内で知り合ってサンマリノへ一緒にいった母娘さんと4人で行きました。

暗くていい写真がとれなかったのですが、とりあえず載せておきます。

画像

ビーフカルパッチョ。
画像

ロブスタービスク。
画像

メインのシーフードはサーバーが串から外して、皿に盛りつけてくれます。
画像

デザート。

雰囲気はよく、4人でおしゃべりを楽しみましたが、味はというとまぁまぁといったところでした。もう一回行くか?と言われると「行かなくてもいいやー。でも行って違う物を食べてみてもいいけど」という感じです。
スペシャリティレストランだと、やっぱり今のところ、ラグジュアリーなんかに乗れるわけでもない私には、ピナクルグリル(ホーランドアメリカ)が一番です。

なんだかアルベロベッロから話がそれてしまいましたね。

アルペロベッロ、こうした昔の家が並んでいるのはそれほど広いエリアではありません。だから、あまりに期待していくとちょっとがっかりする人もいるかも。
その点、私の地元札幌の時計台に似てるかななんて思ったり。(絵はがきとかでみると素敵だけど、実は町の真ん中の忙しい通りにあって、期待していくと風情もなにもあったもんじゃない)

でもアルベロベッロはずっと行きたかった場所なので、行けて満足でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村 ランキング参加中 ポチッと押していただけると嬉しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
出てきましたね〜。

ブログのタイトル画像。
トゥルッリを、カフェの屋上からご覧になったんですか? こんな光景は見たことがありません。尖がり屋根の石組みを間近にご覧になれて、良かったですね。おかげあまで、こちらも楽しませていただきました。

こちらへ初めて行ったころは、まだ世界遺産指定前であったことも影響してか、観光客はまばら、空き家の状態で荒れているトゥルッリも結構ありました。

最近では観光化されて、土産物屋さんもいっぱいありますが、今の方が街はきれいで美しいような気がします。しかし、なんとなく幻想的に見えるのならば、やっぱり、おっしゃるとおり、昔の方が良かったのでしょうね。

先頭の船首、ヘリポートから見た操舵室の写真。面白いですね。こんなアングルも。
hiroshi
2012/05/21 10:42
hiroshiさん、こんにちはー。
いつもコメントありがとうございます。
そうそう、「トゥルッリ」でした。すっかり忘れて、またお得意な、写真だけの低レベルな記事になっていました〜。ははは(汗)

そのトゥルッリを至近距離で上から見下ろせたのは良かったです。
でも人の多さには辟易でした。お土産屋さんもすごい数で、さすがにすっかり有名な観光地ですね。
hiroshiさんが行かれたのは世界遺産になる前ですかー。ちょっと古ぼけていても、メルヘンチックな気分に浸りたかったです〜。
みーな丸
2012/05/21 11:09
みーな丸さん、こんにちは〜

RCIは船首のヘリポートに入れるから嬉しいですね!
1枚目の写真のアングルは、RCIのH・Pにあったような気がします。
良い写真ですね!僕の好きなアングルです。

アルベロベッロの家を維持するのも大変そうですね。風雨が屋根を侵食するのでしょうか?

可愛い屋根ですね〜
ムーミンができそうな感じ?ちょっと違いますか?

nao
2012/05/21 21:37
naoさん

同じ船に、naoさんももう少しで乗られるんですね〜。何だか私までウキウキです。

アルベロベッロ、いつもどこかしらで修復作業がおこなわれているようです。やっぱり浸食するんですよねー、きっと。。。。

おとぎの国にありそうな家で、ムーミンちっくですよね〜。
ムーミンと言えば、うちの夫はムーミンを知らないんですよ〜。日本の私たちの世代だったら、だれでもムーミンとかニョロニョロとか知っているのに...。アメリカでは今ひとつ知られていないようで、ちょっとカルチャーショックをうけました。
みーな丸
2012/05/22 09:36
みーな丸さん 

こんにちわ〜&お帰りなさい! 

貴女の後ろ姿の画像 いいなあ〜 
アルベロベッロのトゥルッリ と良い雰囲気です。

アルベロベッロに嫁いだ日本女性のお店の屋上からみたトゥルッリには感動でした。
とても多くのトゥルッリが有ったんですが〜〜
もう一度行きたいです。

それに、アマルフィー海岸を海から見たい私共です。

昨日は金環日食で興奮の一日でした。
見れたんです!!    
たえこ
2012/05/22 15:39
Welcome home♪
カフェの屋上から見られるんですね〜。
すてきな後ろ姿はみーな丸さんですか?

私も太平洋横断クルーズ&バルセロナから帰ってきたばかりなのですが、観光地の人ごみには辟易でした。サグラダファミリアは前回行った時の5倍増くらいでしたよ。日本もヨーロッパも土地が狭いからアメリカと比較しても仕方がないのでしょうけど…
Kat
2012/05/23 06:33
たえこさん、こんにちはー。

後ろ姿は私じゃないんですよぉー。こんなに細かったら、毎回後ろ姿載せちゃいます(笑) 
同行のお友達でした。ベリーダンスもする、素敵な女性です。

金環日食、見れたんですねー。うらやましいですー。太陽のリング、きれいだっただろうなぁ〜。私も見たかったです!!

アマルフィー、是非是非行かれてください!たえこさんのお撮りになる写真が見たいです♡
みーな丸
2012/05/23 09:52
Katさん、こんにちはー。

後ろ姿は細身ですっきりのお友達です。私のなんか載せたら、ウェブリブログから『事情によりあなたのブログは閉鎖されました』とかいうメールが来そうでのせられません(笑)

大西洋横断でしたねー。お帰りなさい!!!
いかがでしたか?カナリア諸島はやっぱり良かったですか??
バルセロナ、人多いですよね。サグラダファミリアは2回行きましたが、2回とも開園と同時に塔に登りました。階段で降りてくるといつももうすごい列で。。。人ごみは苦手です。

クルーズのお話聞かせてくださいねー。(ブログアップされるかな?)
みーな丸
2012/05/23 09:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
アルベロベッロ みーな丸の足跡 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる